制作費用をできるだけ抑えて、自社でサイトを運用しながら、しっかり成果を出していきたい。

WEBサイトの成果= 効果的な集客手法 + 魅力的なコンテンツ + 効率的な運用手法

集客に関する手法の一部抜粋

SEOに対する考え方

サイトの軸となるキーワードの選定が重要です。
キーワードが決まれば、そのキーワードを含め関連して検索されているワードをリサーチし、他にも狙えそうなワードがあれば、取りこぼさないよう、サイト全体を最適化していくことが大切です。

リスティング広告

近年は競合となるサイトもSEO対策を実施していることが多く、SEOでの上位表示だけに頼ってしまうと思うような成果が得られないこともあり、リスティング広告を併用することで確実に集客をする方が良いです。

広告、という言葉でどうしても集客だけが目的のように思われがちですが、リスティング広告は効果を明確に数値化することができるため、優秀なマーケティングツールとしても機能します。広告を出稿する前にアクセス解析も用意し、実施する前後でどのような変化が現れるのかを具体的に調査していきます。

サイト制作に関して一部抜粋

競合サイト分析

ホームページは比較媒体です。
自社サイトのページコンテンツを決めていく過程では、競合サイトのコンテンツ分析は欠かせません。

サイト運用ツールの導入(MovableType)

サイト運用は自社で行えるようにするのがベターです。インクローバーでは、日本でも多くのユーザーから高い支持を受けている「Movabletype」を運用ツールとして利用することをおすすめしています。
導入に際しては、競合サイトと差別化を図るために自社運用していくと効果が上がると思われるコンテンツを合わせてご提案致します。

  1. http://www.sixapart.jp/pronet/partner/partner000345.html

まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

ご不明な点やお問い合わせ等は、お気軽にご相談ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ
pagetop