ホームページ制作とWEBコンサルティング 採用情報

Webディレクターのお仕事「ディレクション」

社内の司令塔、ディレクション

ディレクターは、ホームページ制作における社内の司令塔です。お客様との打ち合わせを重ね、初期の調査分析フェーズで提案した内容全体を、更に掘り下げてサイトの構成をつくります。そして、デザイナー・コーダー・SEなどの社内スタッフに対して、それぞれの仕事の段取りを示し、スケジュールの管理をします。

ディレクターの具体的な仕事内容は以下のとおりです。

ヒアリング

調査分析フェーズで提案した内容を把握した上で、お客様のもとにお話を聞きに伺います。
目的は「ゴールの共有」です。

話すべき事柄は、お客様によって様々です。そもそもホームページとは何か、というところからご説明させて頂くこともあれば、最近のweb業界はどうだああだと、私たちも顔負けの知識を持ってらっしゃるお客様もいます。


しかし、どんな場合であっても、最終的に重要なのは、「ゴールの共有」であると、私たちは考えています。
誰に、何を、何のために伝えるのか。その共通認識こそがすべてです。たとえば、「今どきホームページくらい無いとダメかなと思って。」と言うような曖昧なお客様でも、きちんとお話を伺えば、そこには必ずサイト構築の目的があります。それを正確に汲み取るのが、私たちの仕事です。

また、その目的を明確にしなければ、ホームページを作る意味がありません。 ただ何気なく情報を発信しても、この混沌とした情報化社会の中では、誰にも何も伝わらない、と言うのが私たちの考えだからです。

出来ることならば、お客様の企業理念や、コーポレート・アイデンティティまでも理解したいと思っています。その上で、ゴールを共有しながらお仕事が出来れば素晴らしいな、と。もちろん、お客様によっては、「たかがホームページにそこまで求めていない」と言う考えの方もいらっしゃるので、これは作り手としての勝手な理想論ですが...。

ともかく、ホームページ作りの第一歩は、お客様との「ゴールの共有」です。全ての土台となる「ヒアリング」こそ、webディレクターとしての力量が試される、最重要任務であると心得ています。

競合リサーチ

「気になる競合他社があれば教えてください。」と、ヒアリングの時に私達は質問します。 特にホームページ作りにおいては、競合他社のリサーチは重要です。

多くのユーザーは、検索エンジンを辿ってサイトを探します。例えば「ペットショップ 大阪」というキーワードで調べていた場合、大阪中のペットショップのホームページが順に並んで表示され、ユーザーは、それらを見比べて判断することになるのです。

基本的には、企業のカラーがきちんと出ていれば、ホームページは他社と競うようなものではない、と言いたいところですが、自分がユーザーとして検索エンジンを使う時などは、やっぱり見劣りするページからはすぐに離れてしまうので、最低限のラインを見極めるためにも、他社サイトとの比較は重要になります。

また、私たち作り手側から見れば、競合サイトはむしろ「参考」です。
特に専門的なサイトを作る際などには、知識補充のために競合サイトを見つつ、素人でもわかりやすい表現を発見し、参考にしたりしています。

「よりよいもの」を作るために、競合リサーチはとても重要です。

キーワード選定

いくらキレイなホームページを作っても、誰も訪れなければ意味がありません、と。 当たり前のようですが、この「キーワード選定」をきちんとやらなければ、本当にそんな事になりかねません。

もともと、ホームページそのものには、集客力などありません。 初めて訪れるユーザーのほとんどは、検索エンジンを辿ってきます。


そこで重要になるのが、「キーワード」です。
キーワードとは、「この単語で検索すれば、このホームページを見つけられる。」という単語です。逆に言えば、「こういう単語で検索している人に、このサイトに来て欲しい。」ということでもあります。

はじめに設定した「ゴール(サイト構築の目的)」に合わせて、それに見合うキーワードを選び出します。
誰(どのような年代の、どういう趣向の、男性、女性など)を呼びたいのか、というターゲット設定のもと、社会的背景やユーザーの検索傾向などを調査し、集客見込みの高いキーワードを選出するわけです。

"検索エンジン⇒ホームページ"というのは、新規顧客獲得への大きな流れです。これは、ホームページを作る上でお客様にとっての大きなメリットの一つですが、 ニーズの合致したユーザーを呼び込めなければ、新規顧客になり得る可能性は低くなります。

私たちは、候補にあがったキーワードを、専用ツールを使ったり実際に検索エンジンにかけてみたりして、そのキーワードの有効性を判断していきます。
「これはひっかかるサイト数が多すぎる。」
「検索回数は多くないけれど、競合は少ないから一応入れておこう。」
「このキーワードはなかなかおいしい。」
などと言いながら行うこの作業は、結構地味なわりに、思いのほか頭を使います。


それでも、ここで選ばれるキーワードこそが、ホームページとユーザーをつなぐ架け橋となるのですから、この地味な作業は絶対に手を抜けません。

サイト構築

サイトの構造を決めるために、始めにすることは「情報の整理」です。 何ページくらいにまとめるのか、何を掲載するのかなどを、お客様と話し合いながら、どの情報をどの階層に置いて、どういうグループ分けにすればわかりやすいかを考えます。

「サイトマップ」という、ページ構成を樹形図で表したものを作りながら試行錯誤するのですが、 この「情報の整理」をきちんとやらなければ、サイト内でユーザーが迷子になってしまうような、複雑でわかりづらいサイトになってしまいます。

まず、おおよその全体でのページ数を決めます。「SEO対策」の視点から考えれば、ある程度のページ数が必要となるので、お客様のご予算との兼ね合いや、掲載する情報量を踏まえながら決めていきます。

そして、「このサイトで一番伝えたいことは何か」を考え、トップページに何を置くか、メニューバーの順番はどうするかなどを、お客様やデザイナーと相談しながら判断します。 他にも、コンテンツの内容や、更新作業を行う人のスキルレベルのチェックなど、事前に確認できる事はすべて確認し、修正できることはこの時点で修正します。

この「サイト構築」で作成する「サイト構築書」をどれだけ丁寧に仕上げるかによって、その後の作業のスピードが大きく変わってきます。こちらで作成するものや、お客様にご用意いただく素材などを明記し、納品までの道のりに、誰も不明点を持たないように仕上げる事が理想です。

つまりは、ディレクターの腕の見せどころ、です。

素材集め

サイト構築書に従って、デザイナーがデザインをしている間に、ディレクターは「素材集め」をします。 お客様にデザインのラフ案を見せて、「こんな感じでどうですか?」と伺いながら、同時進行で、実際にページを作っていく際に必要となる写真データやテキストデータを集めます。

ホームページというのは、チラシなどと比較すると、掲載する情報量も多く、内容的にも、会社案内や企業理念、事業内容や製品紹介など多岐にわたることが殆どです。

そのため、
「商品のお写真をご用意ください。」
「代表者のご挨拶の文章をご用意ください。」
「会社ロゴのデータはありますか?」と、お客様にとっても大変な事が多くなってしまいます。

「出来る限りコストをかけずに、クオリティの高いサイトを。」と考えるのが、ディレクターの役割だと思っています。有るものならば、お客様に素材ご用意いただくのもそのためです。 お客様からすれば、通常の業務外の面倒くさい仕事です。 だからと言って、「もうこれでいいよ。」と、不本意ながら妥協されてしまうのは、作り手としても悲しく、また、サイトのクオリティにも大きく影響します。

だからこそ私たちは、「一緒に良いサイトを作りましょう!」と、お客様の気持ちを高めることも、ディレクターの大切な仕事の一つだと考えています。

最終確認

私たちのサーバーに「仮アップ」をして、実際にwww(ワールドワイドウェブ)上でサイトを表示します。お客様に、仕上がりをご確認していただくと共に、社内でも、細かく文字校正や画像altのチェックなどを行います。

問題がなければ、「納品」という事で、お客様のサーバーにアップし、晴れてホームページ公開、ということになります。

「こんな風になるなんて聞いてない」・・・など。仮アップまでしておいて、そんな問題が起きたとしたら、それは完全に、ディレクターの責任だと考えています。
はじめのヒアリングから、デザイン決め、サイト構築まで、ディレクターが、お客様との架け橋となって、社内の制作陣の指揮をとっているのですから、もしもそこに食い違いが起これば、それはディレクション不足ということです。逆に言えば、「素敵なホームページをありがとうございます。」と、お客様からお褒めの言葉を頂いた時は、「いい仕事したな、俺。」と、本当にディレクター冥利に尽きる、と言うことです。

もちろん、ホームページは生ものですから。納品後も、検索結果や更新状況などをチェックし、自分がディレクションしたサイトを、愛情を持って見守っていきます。だから問題が生じれば、いつでも対応させていただきます。

結局ディレクターというのは、ホームページづくりの責任者です。お客様にとっての「ゴール」を正確に汲み取り、制作陣がきちんとその方向へ進めるように指揮を執る。カタチに現れないわりに、責任感が大きく忙しい仕事かもしれません。それでも、月並みな言葉ですが、「やりがいがある」と・・・。
この仕事を気に入っている理由は、やっぱりそこなわけです。

まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

ご不明な点やお問い合わせ等は、お気軽にご相談ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • スタッフBlog
pagetop