ホームページ制作とWEBコンサルティング 採用情報

コーダーのお仕事「HTMLコーディング、HTMLマークアップ」

web業界のめまぐるしい変化を常に理解していること

コーダーは、サイト構築書に従ってファイルを構成し、デザインラフ通りにブラウザに反映されるよう、ソースを組み立てていきます。より的確な情報構成と、正確なレイアウトが求められるため、web業界のめまぐるしい変化を常に理解していることが求められます。

コーダーの具体的な仕事内容は以下のとおりです。

コーダーとは

職業を訊かれて、「Webコーダー」と言うと、「え?」と、よく訊き返されます。「なに?それ」と...。
「デザイナー」や「ディレクター」と違い、webに関わらない人にとって、「コーダー」というのは耳慣れない言葉だろうと思います。

コーダーの主な仕事は、HTML、CSS、Javascriptなどの言語を扱い、デザイナーのラフ通りにブラウザにページが反映されるよう、実際にページにコーディングしていくことです。と言ってもわかりづらいでしょうか。
まあ、建築家が描いた建築デザインを、実際に工事する大工さんのようなものだと思って頂ければいいかと思います。

数年前までなら、「ホームページを作れる」というだけで驚かれたものですが、今では、HTML・タグ・ソースを講座してくれるサイトもあれば、そういう知識がなくても簡単にホームページを作れるソフトもあります。

また、流行語にもなった「ブログ」を利用すれば、誰でも簡単に自分のページをインターネット上で公開することができます。一見、「ホームページを作るのなんて簡単」になったように見えるかもしれません。

しかし実際は、ホームページ制作会社において、コーダーが求められるレベルはどんどん上がってきているのです。もちろん、「誰でも簡単にweb上で情報を発信できる」という方向に世の中は進んでいますが、今のところは、まだまだ専門的な知識がないと、互換性やユーザービリティの高い、きちんとしたホームページを作るのは難しいと言えます。

ディレクターの意図通りにHTMLでサイトを組み立て、デザイナーの描いた通りにCSSで装飾し、デザインを再現する。それを、OSやブラウザの板ばさみのなかで実現していくのが、プロフェッショナルなコーダーであると、私たちは考えています。

1pxの狂いもなく

デザイナーがデザインするのは主に、トップページ、メインとなるレイアウトデザインです。
コーダーは、デザイナーから渡されるPhotoshopやFireworksなどのデザインラフをもとに、1pxの狂いもなくHTMLとCSSで忠実に再現します。

ブラウザによって、1px程のズレが生じることは珍しくありません。それでも、デザイナーが緻密な計算のもとで作ってくれた素敵なデザインを、コーダーの怠慢によって崩すわけにはいきませんので。「1pxの狂いもなく」というのが、コーダーとしてのプライドです。

特にWindowsとMacでは、同じ種類のブラウザであっても、同じようにHTML言語を読み込んでくれないことが多く、よく悪戦苦闘します。 ブラウザがどんどんバージョンアップしていく中で、それでもユーザーの需要があるうちは、新旧それぞれに対応させなければなりません。

オフィスの中で、自分のWindowsと、動作確認用のMacの間を行ったり来たりしては、「できた!」「ああ...こっちが崩れた。」などと言いながら、細かく細かくソースをいじっているわけです。

ブラウザやOSによる互換的な「ズレ」をなくしていこうと、世界的に努力されてはいますが、まだまだコーディングの世界は理不尽なことが多いのが現状です。
だからこそ、こういう地道な作業を繰り返して、WindowsとMacの、指定されたすべてのブラウザできちんと表示されたのを確認出来た時は、何て言うか、「勝った!」みたいな気持ちです。
自分で自分をほめてあげたいです、的な。

変化のめまぐるしいWeb業界の中で、その影響をもろに受け、変化と戦い続けているのがコーダーなのです。そしてこの「互換性の確保」こそが、コーダーの腕の見せどころでもあります。

サイト構造を捉える

コーディングは、ただ見た目が同じになればいいというわけではありません。ひと昔前までなら、tableタグでレイアウトして、何も考えずにデザイン通りに見た目を整えることをコーディングと呼びましたが、現在はまったく違います。

インクローバーでは、W3C(World Wide WEB Consortium)の仕様に準拠したコーディングを行っています。

文書構造(XHTML)と視覚表現(CSS)を分離する事により、更新作業の効率化やアクセシビリティの向上など様々な効果が期待できます。
また、次世代ブラウザのほとんどがW3C準拠への研究開発を進めており、W3C準拠のコーディングを行うことでより多くのブラウザに対応する事ができます。

この作業を丁寧に行うことは、SEO対策として非常に重要なので、コーダーも、お客様がユーザーに何を訴えたいのかなどを理解している必要があります。

単語の意味を理解することのできない検索エンジンが、ページの中の何を「重要(キーワード)」だと捉えるかは、私たちのコーディングの構造によって判断されるわけですから、ここはかなりの重要任務です。

納品後の更新への配慮

一度サイトを納品した後は、修正があるたびに発注されることもあれば、その後は担当者の方がソースをいじって修正される場合もあります。

ディレクターにその方向性を確認し、特に、納品後はお客様が直接HTMLソースをいじるという場合には、注意します。どれくらいのスキルがあるのかを理解し、それに見合った組み方をしておかなければ、お客様が少しいじった途端に、レイアウトががたがたに崩れてしまう、なんてケースにもなりかねません。CSSを触れないお客様のお望みであれば、多少時代遅れであろうと、tableタグで組んだサイトを作ったりもします。

また、デザインを再現する際にも、可変性に気を配ります。
例えば、枠で囲った中に文章が入るデザインの場合などは、その文章が書き換わる可能性があるものかどうかを考え、文章が伸びたり縮んだりする事があるようならば、それでもきちんと枠がついてくるように組まなければなりません。

ホームページは生ものであると、常々思っています。
納品して終わりではなく、継続的に情報を発信することが重要です。
これは、私がいちユーザーとして感じることですが、更新の止まったページを公開し続けることは、そのまま企業のイメージダウンにつながります。

私たちにとっても、自分の手がけたサイトに愛情を注いでいます。
更新が途絶え、サイトが廃れていくのはとても悲しいことです。
だからこそ、お客様にも愛情を注いでいただけるようなサイト作りを心がけています。

デザインも少々...

コーダーにはデザインセンスも問われます。
ほとんどの場合、デザイナーが実際にデザインをしてラフを出してくれるのは、トップページとメインとなるレイアウトデザインだけです。

その他のサイト内のページの殆どは、コーダーによってレイアウトされます。もちろん、似たようなレイアウトで何ページも似せて作成していけるケースもありますが、必要なアイコン、写真、など、ページに足りない素材は、全てコーダー自身で作り、補足していくことが多いのです。

デザイナーの描いたサイトデザインを崩さないように、細かい部分のデザインを補足していくことも、れっきとした「コーダーの仕事」です。これが出来なければ、デザイナーの仕事は10倍にも膨れ上がってしまうのですから。

アイコン作りから、配色、写真補正など、時々はデザイナーにダメ出しをもらいつつも、幅広いスキルを身につけることが、プロのコーダーには求められるのです。

まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

ご不明な点やお問い合わせ等は、お気軽にご相談ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • スタッフBlog
pagetop