東京北青山、大阪四ツ橋発、WEBディレクターのブログ

正しくて、面白い。google adwords

google adwords,正しくて、面白い。

アドワーズキーワード候補のアイコンが可愛いすぎた件。

アドワーズの最適化タブ内に表示されるキーワード候補を見ていると、

anger.gif


アドワーズシステム側で提案しているキーワードなので、めちゃめちゃ怒るやつは表示させなくてもよいのでは。w

google adwords,正しくて、面白い。

ディスプレイネットワークの「自動プレースメント」は出稿前にチェックが必要

Google の広告主トップ 1,000社のうち、なんと99 %の企業が導入しているというディスプレイ広告ですが、キーワード検索をするまでに暖まったターゲットを集客するだけでは売上の限界が見えるのも仕方がないことなので、弊社でも運用しているアドワーズアカウントの多くで、ディスプレイネットワークを活用して頂いています。

ディスプレイネットワークでは出稿をスタートさせる時点、費用対効果が見えるまでの間は自動で(アドワーズのマッチング技術に頼って)配信先サイトを選ぶ、「自動プレースメント」により手間無く運用することが出来るのですが、残念なことにこちらが意図しているものとまったく違ったサイトに広告が配信されてしまうケースがあります。

例えば「ランディングページ制作」というキーワードを登録して、自動プレースメントによって広告を配信すると、とんでもない数の「釣り」関連の配信先に広告が表示されるようになります。すぐに気づけば傷は浅くすむのですが、自動プレースメントの配信先レポートは表示されるまでに数日を要する場合もあって、予算を無駄に消費してしまいかねません。

こういった悲劇を避けるためには広告配信前に、「プレースメントツール」を利用して登録したいキーワードを入力し、ツールが候補として提案してくるサイトが思惑とおりのものであるか確認することが大切です。ちなみにこのツールで「ランディングページ制作」というキーワードを入力すると山のような釣り関係サイトが出てくるわけで、登録するワードを組み合わせて悲劇を回避するように設定を行うことができるようになるのです。

google adwords,正しくて、面白い。

アドワーズ部分一致の拡張は既にパーソナライズドされて行われている?

サーチファンネルの「上位のパス」メニューから「キーワードパス(部分一致で出稿しているキーワード)」と「QueryPath(実際に検索されたキーワード)」を比較してみると以下のようなものが見つかることがあります。実際の例なのでぼかしますが、

■キーワードパス

○○○○○○○○ 購入 > △△△△△△ 千葉

○と△はまったく違うワード

■QueryPath

○○○○○○○○ > 千葉市

ここで驚くのが、「千葉市」というワードを部分一致の拡張で「△△△△△△ 千葉」というキーワードとマッチさせて広告を表示させており、コンバージョンしているということ。

このユーザーが始めに検索したキーワードで趣向をつかめているので、このリスティングのアカウントとマッチしているとみなし、次にこのユーザーが「千葉市」で検索した時に、該当するかも知れない出稿ワードを拡張一致させて広告を狙って表示させている気がして驚いたわけです。(そもそもiGoogleである程度のデータ収集が出来ていたのかも知れません)

とんでもない技術なわけですねー、これは。

Googleの技術が無いと確実にアプローチ出来ていなかったユーザーにアプローチして、しかもCVさせているという凄い話です。

いや最近、「これまでアプローチすることが出来ていなかった顧客層はどこで、その層の顧客に対してどのようにアプローチすれば良いか」なんてことをリスティングでうまくやる(テストマーケティングする)ってことに特化した顧客分析のサービスを考えていたとこだったので。

google adwords,google analytics,overture,正しくて、面白い。

具体的改善策を見出せない分析に意味は無い

アクセス解析全盛の感がありますが、解析した結果をもとに、うまくPDCAサイクルを回せていますでしょうか?

ホームページ制作の現場にいると、たいていの場合、Google Analyticsを導入しているが、何をどう活用してよいかわからず、ただ表面的な数値だけをおっている方が多いように思います。

アクセス解析は、期待効果の明確な意図のもとに施策を実行した後、その結果がどうあったのかを検証するために有効なのであって、施策無しに解析結果だけを眺めていても意味はありません。

ホームページの「直帰率」、「離脱率」、「平均PV」、「平均滞在時間」、「再訪率」、「CV率」、、、等々、書き出せばいくらでも指標を上げることができますが、実はこれらの指標をもとにした解析では、設計に問題を抱えているホームページ以外では、実効性のある改善策を導くことは難しいのが現実です。

ホームページから成果を上げていく過程において、もっとも重要なことはアクセスを集めることです。

当たり前ですが価値あるコンテンツをもったホームページでもアクセスが無いと成果を生み出すことはありません。

アクセス解析がもっとも有効に働くケースのひとつは、今までにアプローチできていなかった見込み客を集客したときに、自社のコンテンツがどのように機能しているかを検証し、成果を生み出す可能性があれば、速やかに改善策を実行する。この集客して、検証して、改善するというプロセスを継続して回していくことで、確実に成果を生み出していくことが可能になります。

まずは、現状のホームページに問題は無いかを検証することからはじめて、大きな穴があれば塞ぐための改善策を実行し、それから集客施策を実行していくようにして下さい。

アクセス解析は成果を上げるための使用法を知ることで、有効度は絶大です!ただ漫然と解析結果を眺めるのではなく、成果を生み出すための仮説を実行し、その結果を検証するためのツールであることをまず理解しておく必要があります。

最後に、Google Analyticsを導入した際にしておきたい設定をまとめた記事をご紹介しておきます。あわせてご参照ください。

google adwords,コンテンツネットワーク,正しくて、面白い。

コンテンツネットワークで成果を上げるために

アドワーズのコンテンツネットワーク(自動プレースメント)を利用して成果上げていくためのもっとも基本的な設定は、検索ネットワークとは別でキャンペーンを作成することです。

コンテンツネットワークでアプローチするターゲットは、AISAS理論でいうところのInterestの領域、つまりSearchまで進んでいるニーズの顕在化したターゲットの前段階にいます。

検索ネットワークを利用しているユーザーにアプローチするためには、検索ワードに対してニーズを満たすことができるということを、広告文によって明確に訴求するのが、クリック率を上げるための基本戦略ですが、コンテンツネットワークで成功するためには、ユーザーの興味関心を引くための広告文を書く必要があります。いわゆるキャッチコピーらしいコピーが効くことも多いので、コピーライティングが好きな人には楽しい作業となるはずです。

また、広告グループに登録しておくキーワードも、興味関心レベルのユーザーには、検索レベルのユーザーよりも、さらに広範囲でターゲティングできるようなワードを登録しておく方が、より多くのユーザーにアプローチしていくことができる可能性が増します。多くのキーワードを登録しすぎると、広告グループ内でのテーマ性が薄れてしまうことがあるため、アドワーズ側で自動マッチングが図りやすくなるように、テーマ性を持たせた数個程度のキーワードを登録しておけば良いと思います。

そして、いったんコンテンツネットワークを自動プレースメントで出稿してから広告効果を検証し、関連性の低いサイトに広告が表示されているようであれば、サイトとカテゴリの除外ツールを使って、広告を表示しないウェブサイトの URL を入力するだけで、そのサイトやサブサイトに表示されなくなります。

また、目立って広告効果が高いサイトがあれば、自動プレースメントを利用して、様々な広告フォーマットを使ってターゲットにアピールしていくのも面白い手法です。そんな訳で、次回は現在まだ活用されることが少ないアドワーズの様々な広告フォーマットをご紹介したいと思います。