東京北青山、大阪四ツ橋発、WEBディレクターのブログ

google analytics,overture,正しくて、面白い。 Analyticsでオーバーチュアのキーワードが (not set) になる理由

google analytics,overture,正しくて、面白い。

Analyticsでオーバーチュアのキーワードが (not set) になる理由

2月1日付けのGoogle Analyticsの公式ブログに、「キャンペーン変数使用時に キーワード レポートに表示される (not set) について」という記事が投稿されていました。

オーバーチュア経由の訪問を計測するために、わざわざURL生成ツールを使ってカスタムURLを設定しているのに、 (not set)とはどういうことか疑問に思われている方も多かったかと思いますが、上記の記事である程度は解決されると思います。

詳しくは公式ブログを参照していただくとして (not set) が表示される原因は、

「検索エンジンの検索結果以外のページに表示された広告がクリックされた場合、Google Analytics はキーワードの情報を取得できないため、キーワードは (not set) と記録されます。

しかし [参照元 / メディア] には、キャンペーン変数の utm_source と utm_medium の情報が採用されるので、結果として [Overture / cpc] のキーワード レポートに (not set) が記録されます。」

とあります。

オーバーチュアはYahoo!の検索結果ページ以外にも提携しているパートナーサイト上で表示が行われるために、Google Analyticsが検索エンジンとして定義していない場合、あるいはそもそも検索エンジンではないサイトから訪問があった際には、(not set)と表示されてしまうようです。

これを解決したい場合には、Google Analyticsのトラッキングコードをカスタマイズして、オーバーチュアの提携パートナーサイトを検索エンジンとして定義する必要があります。方法はこちらの記事を参照してください。

そもそも広告表示先が検索エンジンでは無いサイトであれば、どうしようもないかも知れませんが、この方法である程度 (not set)が解消されるはずです。