SEO対策内部最適化要素 テキストライティング

SEO対策を考える際には、そのページでユーザーに伝えたい結論をはじめに持ってくることで、キーワードをページの第一段落に含めておくことが有効です。

通常、日本語で文章を記述する際には、前提条件や方法論を述べた後に結論を記述していくことが多いですが、検索エンジンは、ページのHTMLソースの上部にあるキーワードを重要視する傾向があるためです。

そのページの中で使用するキーワードを一度だけstrongタグで囲っておくようにします。後は自然な流れの中でキーワードを含めて文章を作成しておくだけで、特に意識してキーワードを埋め込む必要はありません。

検索エンジンを利用して情報を探しているユーザーにとっても、自分の探している情報がそのページにあるかどうかをすぐに判断することが出来るため、文頭近くに結論を記述しておくことは、好ましくとられる事が多いようです。

SEO対策を行う意味も、ユーザーからのレスポンスを取るためにある訳ですから、結論を先にしっかり述べておいた上で、その結論に至るための方法論や具体的な事例を解説していくようにしたほうが説得力のあるページになります。

SEO対策のページへ戻る