SEO対策内部最適化要素 テキストマッチング

SEO対策を考える際に有効なキーワードの目安として、ページの単語数を1,000程度使用し、その中でキーワードの出現頻度を3%~5%程度にするのが望ましいと言われていますが、実際には1ページ内で1,000もの単語を記載することは難しく、またすべてのページでキーワードの出現頻度を3%~5%にすることにも無理があります。

検索エンジンは、ページ内のテキスト情報しか認識しませんので、重要なキーワードをテキストで記述するのは大切ですが、筆者の経験上、1,000ワードで3%~5%のキーワードを記述しなくても、そのページにおいて、SEO対策に有効なテキストライティングの手法を用いて、必要なことを適切に述べておくだけで十分な効果を得ることができます。

デザインによる訴求力を優先したくて、どうしても重要ワードを画像データで表現する必要がある場合には、検索エンジンが画像データ(バイナリデータ)の内容を理解できないために、alt属性を利用して、画像内のテキスト情報を補足しておくことが重要です。

また、ページ内で使用するテキストにリンクを貼ることで、リンクテキストの内容を詳細に解説したページへと誘導し、サイト内でリンク対策を行うことも可能です。この場合、「リンクテキスト=リンク先ページのタイトル要素=リンク先ページのh1要素」を一致させます。

これをアンカーテキストマッチングといい、ただのテキスト情報よりもさらに高いSEO効果があります。この手法は、Yahoo!におけるSEO対策に特に有効に機能します。

SEO対策のページへ戻る