リスティング広告とアクセスログ解析はタッグで運用

広告効果に疑問を感じている方は、大切な出稿費用を無駄にしないためにも、一度、広告のランディングページがきちんと機能しているか効果検証をされることをおすすめ致します。Google Analyticsを利用すれば、無料で高いレベルでのアクセスログ解析を行うことが可能です。

Google Analyticsを利用する際には、アドワーズの管理画面と連動することで比較的簡単に広告効果の測定を行っていくことが出来ますが、オーバーチュアを利用している際には、少し手間を掛けてあげる必要があります。何も設定しないままだと、Google Analyticsが、ユーザーの訪問経路を、Yahoo!での自然検索の結果なのか、オーバーチュア経由なのかを判別することができず、ひとまとめでYahoo!経由の訪問としてしまうためです。

これを判別できるようにするためには、オーバーチュアの広告設定画面でリンク先URLにオーバーチュア経由の訪問であることを、Analyticsに知らせるためのパラメータを埋め込んでおく必要があります。パラメータの埋め込みというとなんだか難しそうですが、これはGoogleが提供している「URL 生成ツール」で簡単に行うことができます。

このひと手間を掛けているかどうかだけで、リスティング広告の投資対効果改善に大きな差が出ます。アクセスログ解析を併用することによって得られるメリットはこの他にまだまだあります。リスティング広告の運用を他社に依頼されている場合は、最低限、パラメータの埋め込みくらいは快く応じてもらえる会社にするようにして下さい。

アクセスログ解析のページへ戻る