ランディングページ制作をご検討されている方へ

リスティング広告を運用していく中で、広告グループは見せたいランディングページが異なるターゲット毎に、作成していくのが定石です。

例えば、ユーザーの検索意図として、「ランディングページ 効果」「ランディングページ 最適化」というワードを使用しているユーザーは、ランディングページを制作することによって得られる効果効能についての情報を知りたいというニーズから検索しているのに対し、「ランディングページ制作 納期」、「ランディングページ制作 費用」というワードを使用しているユーザーは、すでにランディングページ制作の検討段階に入っているものと推測することができます。

情報に対する興味から検索を行っているユーザーに対しては、情報ニーズを満たしてあげる必要がありますので、より情報量の多い自社サイトの該当カテゴリへの誘導が適していますし、すでに実施の検討段階に入っているユーザーに対しては、余分な情報を与えず、費用や納期、制作事例といった発注するための判断材料だけを、明確に訴求することが必要です。

このように、まず検索エンジンから誘導するターゲットの検索意図を、キーワード毎にきちんと分類しておこないと、いくらランディングページを制作してクリエイティブ要素の検証を行ったところで、意味のある結果が得られることはありません。

LPO対策をお考えの方は、ランディングページに集客するターゲットの意図を汲み取った、キーワードの決め細やかな管理を徹底されることからはじめて下さい。

ポイントは、それぞれの広告グループで管理しているキーワードをさらにドリルダウンして、アクションに直結するウォンツレベルまで到達したキーワードと、情報探索をしているニーズレベルのキーワードをあらかじめしっかり分けて管理しておくことです。その上で広告品質を高める運用をしっかり行っていけば、後はランディングページにおまかせです。

ランディングページ制作のページへ戻る