SEO対策内部最適化要素 キーワードテーマに基づくサイト設計

検索エンジンから見たWEBサイトのテーマを決定しているのは、サイト全体の構成と、キーワードを含んだページの数です。アンカーテキスト内にキーワードを含めてナビゲーションを構成していくことで、検索エンジンにわかりやすくサイトテーマを認識させることが可能です。

サイトを設計していく際には、例えば、SEO対策を提供している企業だと、メインになるキーワードは「SEO対策」となるでしょう。サービス提供地域が限定されている場合には、「SEO対策 東京」や「SEO対策 大阪」といった地域ワードを含めてメインワードにしても良いと思います。

軸にするキーワードが決まれば、そのキーワードを基点に、ターゲットユーザーが検索するキーワードをリサーチすることで、「SEO対策 効果」や「SEO対策 事例」、「SEO対策 費用」といった検索ニーズに応じて、必要なページを抽出し、「SEO対策」を頂点とするように各コンテンツを配置、サイト構成を設計していくことで出来る限りニーズに応じた関連キーワードを取りこぼさないようにします。

サイトを訪問するユーザーの意図は様々です。今すぐにSEO対策に取り組みたいユーザーもいれば、単にSEO対策のことを知りたいと思っているだけのユーザーもいます。
サイトから目標とするレスポンスを得るためには、ページの構成をユーザーの検索レベルがニーズレベルなのか、ウォンツレベルなのかを見極めておくことの重要です。

検索エンジンから、直接それぞれのキーワード対策を施されたページに訪れてくる割合は、SEO対策をきちんと行っている企業だと80%以上になることも珍しくありません。ユーザーが検索エンジンからはじめに訪れるページをランディングページといいます。

サイト設計を行う際には、SEO対策での各キーワードの上位表示を狙うことは当然ながら、サイトを訪問するユーザーを設定した成果へと導くための個別ページの情報設計もぬかりなく行っておくことが重要です。

SEO対策のページへ戻る