SEO対策内部最適化要素 クローラビリティの保証

クローラビリティとは、検索エンジンのクローラーがサイトのページ情報を認識しやすくするためにサイト構造を最適化していくことです。

そのために、サイトの更新が行われるごとに現時点でのサイト構造を記述したxmlファイル(sitemap.xml)を出力し、最新のサイト構造を検索エンジンに知らせるようにします。sitemap.xmlはMovable Type等のCMSツールを利用してサイトを構築している場合には、簡単な設定で出力することができます。

出力したsitemap.xmlを検索エンジンに自動的に知らせるために、Googleでは、Googleウェブマスターツールを利用し、メニューにある「サイトマップ」からsitemap.xmlを登録します。Yahoo!では、Yahoo!サイトエクスプローラーを利用し、メニューにある「フィード」からsitemap.xmlを登録しておきます。

サイトのボリュームが大きくなればなるほど、検索エンジンがサイトの正しい構造を理解することが難しくなるために、sitemap.xmlが有効になります。特に大きなリニューアルを行った際には、速やかにあらたなサイト構造を検索エンジン側に認識させるためにも、sitemap.xmlの活用は欠かせないものとなります。

クローラビリティは、SEO対策上はあまり考慮されることのない概念でしたが、サイト規模が大きくなるにつれ、SEO対策導入後の効果をきちんと発揮していくために重要な施策となりますので、是非とも取り入れておきたい対策です。

SEO対策のページへ戻る